MENU

妊娠中の貧血時に病院で処方される鉄剤

妊娠中の貧血時に処方される鉄剤

 

妊娠中は貧血になりやすい状態になります。それはお腹の中にいる赤ちゃんに栄養を与えるために血液を消費するからです。

 

そのため血液を増やすために食事でビタミン類を摂取するのが良いのですが、どうしても不足してしまう事が起きるケースもあります。

 

貧血になった際はすぐに産婦人科の病院へ行き、医師に相談して血液検査を行ってヘモグロビンの数値を調べます。

 

検査でヘモグロビンの数値が少ない場合、専用の薬として鉄剤が処方される事になります。

 

そこで今回は鉄剤について解説していきますので、ご参考ください。

 

 

妊娠中の貧血で処方される鉄剤を正しく理解していきましょう


妊娠中の貧血で処方される鉄剤

妊娠中の貧血で処方される鉄剤ってどんな物?

 

妊娠中に処方される鉄剤は、ヘム鉄を配合したものです。

 

一言で鉄分と言っても実際にはヘム鉄と非ヘム鉄があり、どちらも天然成分由来の鉄分ですが、吸収力が違っています。

 

ヘム鉄は主に肉や魚などに多く含まれていて吸収力が高いという特徴があります。

 

一方の非ヘム鉄は、ひじきやほうれん草、プルーンなどの野菜や果物に多く含まれていますが、ヘム鉄と比較すると吸収力が低くなっています。

 

妊娠中の貧血対策で処方される鉄剤は、妊婦さんが吸収しやすいヘム鉄を豊富に含んでいるため、効率的に摂取できるように配慮されています。

 

妊婦さんには、規則正しく栄養バランスの取れた食事によって栄養を摂取することが求められますが、摂取する食物や吸収力には個人差があるため、必ずしも十分な鉄分が摂取できるとは限りません。

 

そのため、妊娠中に立ちくらみやめまい、だるさや疲れが取れないといった症状を感じる場合は、医師に相談して鉄剤を処方してもらうのが基本となります。

 

 

鉄剤はヘム鉄をベースにして吸収力を高めています


鉄剤を飲むタイミング

鉄剤を飲むタイミングはいつがいい?

 

鉄剤を処方されても飲むタイミングに悩む妊婦さんも多くおられます。

 

なぜ悩むのかというと処方された錠剤の説明書には「1日に1錠、必ず水で服用して下さい」とだけしか記載されていないため、具体的な飲むタイミングがわからないからです。

 

では「いつ服用すればよいのか」という疑問が湧いてきますが、多くが食後に服用されています。

 

例えば朝食後に1錠、あるいは昼食後に1錠、夕食後に1錠といったように、1日に1回食後に1錠服用する妊娠さんが多いようです。

 

食後に服用される理由として飲み忘れを避けられるというメリットがあります。

 

ただし飲むタイミングは一定であることのほうが高い効果を期待できます。

 

例えば、朝食後に1錠と決めた場合は、毎日の朝食後に1錠服用するといったように、服用時間帯を揃えることが良いでしょう。

 

また妊娠中に摂取すると吐き気がするという妊婦さんもおられますが、このような場合は就寝前のタイミングで摂取すると解決できることがあります。

 

 

24時間おきに飲めるタイミングで鉄剤の服用をおすすめします


鉄剤と貧血対策サプリの効き目は違い

鉄剤と貧血対策サプリの効き目は違いは何?

 

妊娠中の貧血対策ならドラッグストアで販売されている貧血対策サプリメントでできるのでは、と思われるかもしれません。

 

しかし病院が処方する鉄剤と貧血対策サプリでは、その効果に大きな違いがあります。

 

鉄剤は薬機法に定められた医薬品ですが、貧血対策サプリメントは医薬部外品です。

 

医薬品である鉄剤は、妊娠中の貧血を予防したり、治療するという医療目的に処方されるため、人体に対する効き目も高くなっています。

 

それに対して貧血対策サプリメントの場合は、医薬部外品なので人体に対して一定の効果を期待できるという位置づけになるので、妊娠していない方が栄養補助食品として利用するのが基本です。

 

妊娠中の貧血は、妊婦さんだけでなく胎児の成長にも影響を与えるため、貧血対策サプリメントでは十分な鉄分補給は期待できません。

 

そのため、妊娠中に立ちくらみといった貧血の症状が現れた場合には、医師に相談して医薬品の鉄剤を処方してもらうことが大切です。

 

 

鉄剤は薬なので貧血サプリとは効果が全く持って違います


鉄剤を飲むときの注意点

鉄剤を飲むときに気を付けるべき注意点

 

妊娠中の貧血対策に処方される鉄剤には、「1日1回、必ず水で服用する」と記載されているため、必ず水を使って服用してください。

 

もし、水以外の飲み物で服用すると鉄分の吸収力が悪くなる可能性があります。

 

例えば、鉄剤をコーヒーや緑茶などと一緒に飲むと鉄分の吸収力が減少することが知られています。

 

これはコーヒーや緑茶などに含まれているタンニンが鉄分と結合してタンニン鉄へと変化し、鉄分の吸収を妨げるからです。

 

またウーロン茶やハーブティーなどにもタンニンが含まれているので、服用する際に飲むのは避けましょう。

 

また清涼飲料水をつかって服用するのも避けましょう。

 

炭酸も鉄分吸収を妨げることが多いからです。

 

また逆の意味でグレープフルーツジュースと一緒に服用するのも避けて下さい。

 

グレープフルーツジュースで服用すると作用が強く出ることがあるため、吐き気などを強く感じることがあります。

 

この他にもビールやワイン、日本酒などのアルコール類と一緒に服用するのも避けて下さい。

 

 

鉄剤を飲むときは必ず水で飲むのを守ってくださいね


鉄剤を飲んだ時の副作用

鉄剤を飲んだ時におきる副作用は何?

 

妊娠中の貧血の際に処方される鉄剤には、一定の副作用を感じる場合もあります。

 

中でも最も典型的な副作用が、吐き気です。

 

ひどい方では、胃が空になるまで吐いてしまい、その後に胃が痙攣すると言った症状を感じる妊婦さんもいます。

 

また吐き気に伴う食欲不振、便秘や下痢、腹痛といった症状や発疹、蕁麻疹、身体のかゆみといった皮膚に違和感が出ることもあります。

 

妊婦さんの中には全く副作用を感じない方もいますが、高い効果がある反面、やはり大なり小なり何らかの症状を感じる妊婦さんが多いです。

 

このような症状を強く感じ日常生活がうまくいかないようであれば、医師に相談しましょう。

 

鉄剤には、テツクール徐放錠、フェロミア錠など他の錠剤に加えて、フェルムカプセルやインクレミンシロップ、フェロミア顆粒などがあるため、別の種類に変えてもらうという方法があります。

 

また注射タイプもありますので、体に合わないときや副作用の状態に応じて医師に相談することが大切です。

 

 

鉄剤は効果が高い反面、副作用も強いので、酷い時は医師に相談してください



TOPへ戻る